大会結果発表

~第4回世界イグルー選手権を終えて~ 出場チームのみなさまへ

「第4回世界イグルー選手権 in あきおおた」は、
おかげさまで盛会のうちに無事に終了することが出来ました。
これもひとえに、大会に出場頂き、明るい笑顔で会場を盛り上げて下さったみなさま、
応援にかけつけて下さった観覧者のみなさまのおかげです。
本当にありがとうございました。運営事務局一同、心より御礼申し上げます。

今年で4回目を迎える本大会は、総勢26チーム、約200名の競技者と
多くの応援者・観覧者のみなさまにご来場頂きました。

スピードイグルー部門、芸術イグルー部門ともに、氷のような固くて重い雪質(というかほとんど氷!)に苦労されましたね。
そんな中、仲間と励まし合いながら、工夫を凝らして果敢に闘い抜くみなさまの姿は、
おひとりおひとりが、まさに「世界大会」の大舞台に立つ勇者!入賞チームにも、惜しくも入賞を逃したチームにも、
全てのイグルービルダーたちの栄誉を称えたいと思います。

会社の同僚のみなさまと大勢で挑戦して下さったチーム、クラスメイトと一生懸命に取り組んで下さったチーム、 ファミリーでピクニックのように賑やかに楽しんで下さったチーム。 たくさんのチームが同じ時を共有し、同じ場所で交流が出来たことを本当に嬉しく思います。

本大会は「誰でも気軽に参加でき、普通の人でも世界王者になれる数少ない世界大会」をキャッチフレーズに、
「新しい雪の遊び方」の提案として、当町の良質な天然雪と大自然を思う存分楽しんで頂くことを目的に開催して参りました。
今後、この大会をきっかけとして、出場チーム内で、職場、学校、ご家族、ご友人との絆を強めて頂くだけでなく、
出場チーム同士、そして地域住民とのつながりや交流も大いに深めて頂き、安芸太田町や恐羅漢スノーパークが

「また帰ってきたい場所」

と思って頂けるようになれたとしたら、感激の極みです。

最後に、本大会の開催にあたり、多大なるご尽力を頂きました恐羅漢スノーパーク様、ご支援を頂きました広島県様、安芸太田町様、 取材にお越し下さったメディア関係者のみなさま、準備・設営から運営・撤収まで一生懸命サポート頂きました安田女子大学ボランティア学生のみなさま、 参加して下さったチームのみなさま、応援で盛り上げて下さったみなさま、急なお仕事やインフルエンザで泣く泣くキャンセルされたみなさま、 そして本大会を愛する全てのみなさまに、この場をお借りして、心より御礼申し上げます。
本当に、本当にありがとうございました!

また来年、日本最南端の豪雪地帯「安芸太田町」の恐羅漢スノーパークで、
再びみなさまと元気にお会い出来るのを楽しみにしております。

また必ず、ここ、でお会いしましょう!!

第4回世界イグルー選手権実行委員会
運営責任者(安芸太田町観光協会)
柏崎 真司

世界イグルー選手権の実施確定について

世界イグルー選手権の実施確定について

これが「世界イグルー選手権」だ!

子どもも大人も気軽に「世界王者」を目指せる世界大会!
幼少より厳しい練習に耐え、ライバルと技を磨き合い、極限まで身体を作り込む、、、ようなことも特に必要なく、子どもも大人も楽しみながら「世界王者」の称号を勝ち取ることが出来る、新しい雪上競技!「イグルー」と呼ばれる「雪のブロックで作るかまくら」製作を、スピード部門・芸術部門で競い合います。勝負を決するのはチームワーク!仲間とともにイグルー世界王者の座をかけて気軽に参加してみよう!(【for English】THE 4th WORLD IGLOO BUILDING CHAMPIONSHIPS IN HIROSHIMA)

「イグルー」とは...?

雪のブロックで作る家「スノーハウス」!
「イグルー」はスノーハウス(英語: snowhouse 「雪の家」)とも呼ばれ、カナダ北端のマッケンジー河口付近からラブラドル半島にかけての地域で使用される。 イヌイットは普段、革製のテントに住み、魚や獣を求めての移動の多い生活を送っている。一年の内のほとんどを雪と氷に閉ざされたツンドラ地帯で生活するイヌイット達の、暮らしの知恵から生み出された住居形態が、イグルーである。雪や氷はふんだんにあるため、どこでも作ることができ、移動しながらの生活が容易に可能となる。 また、積雪期における登山の際には、傾斜の少ない堅雪地でテントの代わりにも使用される。風に強いのがイグルーの優れた特徴ではあるが、反面、湿度が高く長期居住には適さない。そのため、圧雪ブロックのイグルーでの居住は一時的なものとなる。そしてまた、放棄されたイグルーをのちに通りかかった別人が流用するというケースも通常的にある。
作り方
雪の塊をブロック状に切り出して、下からドーム状に積み上げていく。雪のブロックは、互い違いに積み上げることで力を分散させる。 ドーム型の形状は、力学的に安定している形状で、強風にも強い。

(引用:ウィキペディア)

世界イグルー選手権 競技内容

スピードイグルー製作の部(先着10チーム募集)
規定サイズのイグルーを、いかに早く完成させるかを競うスピード部門。チームワークが勝敗を分ける熱い戦い!
  • ★スピードイグルーの部 競技要項
  • 芸術イグルー製作の部(先着30チーム募集)
    制限時間内に、創意工夫を凝らしたデコレーションイグルーを製作し、その芸術性・創造性を競う芸術部門。アイデアが勝負の決め手に!
  • ★芸術イグルーの部 競技要項
  • 大会概要

    大会コンセプト
    誰でも気軽に参加でき、普通の人でも世界王者になれる数少ない世界大会
    主催
    世界イグルー選手権大会実行委員会(略称WICA)
    受付期間
    平成27年12月01日(火)9:00~平成28年1月31日(日)24:00迄 (先着順)
    開催日時
    平成28年02月07日(日)9:40
    開催場所
    広島県安芸太田町 恐羅漢スノーパーク
    →会場MAP[GoogleMAP]
    参加費
    1チーム ¥5,000円(当日受付にてお支払い頂きます)
    募集人数
    1チーム 4~6名 (スピードの部10チーム/芸術の部30チーム)
    競技種目
    ① スピードイグルー製作の部(既定のサイズで完成の速さを競う競技)
    ② 芸術イグルー製作の部(既定の時間で芸術性を競う競技)
    賞金
    優勝賞金 各部門5万円 町内産木材で製作した素敵な記念盾
    準優勝賞金 各部門3万円 町内木材で製作した素敵な記念盾
    3位賞金 各部門2万円
    特別賞 各部門5,000円分の町内特産品
    参加者全員に素敵な記念品をプレゼント!
    交通について
    ①自家用車(中国自動車道「戸河内IC」から国道191号、大規模林道経由33Km[約45分])
    ②大会専用無料シャトルバス(広島駅~恐羅漢スノーパーク間、事前予約制)

    公式Facebook

    オフィシャルグッズ

    WICA公認オリジナル数量限定グッズを手に入れて大会で盛り上がろう!

    オフィシャルTシャツ
    これを来て大会に臨めばより熱くより楽しく、チームワークも高まること間違いなし!
    01.世界イグル―選手権
    全面プリントTシャツ
    イグル―Tシャツ
  • 全サイズ¥2,000
  • JAPANサイズ
    S/M/L/XL/XXL
    02.イグル―×もりみん
    コラボTシャツ白
  • 全サイズ¥2,000
  • JAPANサイズ
    S/M/L/XL
    03.イグル―×もりみん
    コラボTシャツピンク
  • 全サイズ¥2,000
  • JAPANサイズ
    S/M/L/XL
    • サイズによりプリント位置が若干異なります。
    • 枚数限定しておりますので、先着受付順になります。メール・FAX受付時間順になりますので、折り返し確定のご連絡をさしあげます。
    • ご注文前にこちらをご確認ください。

    大会当日会場での受け取り希望の方

  • WEBフォームからの、限定オフィシャルTシャツの購入はこちら
  • 【ダウンロード】Eメール送信用入力フォーム
  • 【ダウンロード】FAX送信用記入フォーム
  • オフィシャル小物
    安芸太田町森林セラピー(R)イメージキャラクター「もりみん」と世界イグルー選手権のコラボ!大会の記念に♪
    WICAイグルー
    雪かきもりみん
  • セット¥5,500
  • 雪かきもりみん
    高さ6cm
    WICAイグルー
    直径13cm
    • ※一個一個が手作りにつき、表情、大きさが微妙に違います。
  • 陶器もりみんの購入はこちら

  • お問い合わせは、世界イグルー選手権実行委員会 ( WICA )

    事務局:安芸太田町観光協会

    TEL
    0826-28-1800
    所在地
    〒731-3664 広島県山県郡安芸太田町上殿632-2
    E-mail
    kashiwazaki@akioota-navi.jp
    主催
    世界イグルー選手権大会実行委員会(略称WICA)
    後援
    広島県安芸太田町

    for English:THE 4th WORLD IGLOO BUILDING CHAMPIONSHIPS IN HIROSHIMA

    ファイヤーハントデザインワークス
    ©2014 世界イグルー選手権実行委員会. All Rights Reserve